KL発飛日記

マレーシア・クアラルンプール駐在中の旅行好きによるB級旅行記・ホテル宿泊記・フライトルポなど

北京城東南角楼で列車を眺める【2019北京④】

初心者向けのお立ち台としてネットで紹介されている北京駅近くの北京城東南角楼に行ってみた。この国だと鉄道趣味はメジャーではなく、その辺で撮影していると公安から職務質問を受ける恐れがあるため自己責任で。

f:id:kenT_KL:20210619130818j:plain

f:id:kenT_KL:20210619130744j:plain

北京駅前の大通りを東へ歩き、突き当り( 东二环 )を右折。

f:id:kenT_KL:20210619131245j:plain

すぐに国鉄のガードが見えてくるのでそれをくぐり抜けまた右折。

f:id:kenT_KL:20210619131408j:plain

f:id:kenT_KL:20210619131432j:plain

城壁沿いにしばらく進むと入場口があるので、そこで入場料を支払い城壁を登る。

f:id:kenT_KL:20210619131800j:plain

f:id:kenT_KL:20210619131825j:plain

あくまでも史跡であって、撮り鉄向けのお立ち台として建設された城壁じゃないので注意。

f:id:kenT_KL:20210620212517j:plain


こんな感じで北京駅を発着する列車を一望できる。

城壁の高さと手前の長屋が相まって写真を撮ろうとすると丁度電線が被るので工夫が必要。

f:id:kenT_KL:20210619150148j:plain

f:id:kenT_KL:20210619132927j:plain

本数は客車タイプの列車と比べると少ないものの動車も北京駅に乗り入れる。とにかくバラエティに富んでてずっと眺めていても飽きない。

f:id:kenT_KL:20210619132225j:plain

E2のコピー、CRH2。見た目のみならず内装も本家と酷似している。

f:id:kenT_KL:20210619150349j:plain

奥の客車のように客車を昔ながらの緑色ベースに塗りなおす動きが進んでおり、2019年当時でも手前のような赤色ベースの客車はほとんど目にすることがなかった。

f:id:kenT_KL:20210620211111j:plain

f:id:kenT_KL:20210620211354j:plain

韶山9型のそれぞれ前期型と後期型。見た目からは全く違う形式に見える。

また近くには中国人同業者が居て、無線を聞きながら写真を撮っている。話を聞くと北京駅の構内無線を聞いているとのことで、中国にもこんなガチ勢がいるのかと感動すると共にこの人が公安に捕まらないか不安になる。

f:id:kenT_KL:20210620211902j:plain

f:id:kenT_KL:20210620212016j:plain

機関車の入替作業も頻繁に行われ激しく行き来する。

f:id:kenT_KL:20210620211756j:plain

近くの橋では高層ビルをバックにした写真も撮ることが出来る。この後寒さでカメラのバッテリーが死亡してしまった。冬場の北京で野外に長居するのは辛い...

北京の定番観光地を雑に巡る【2019北京③】

万里の長城八達嶺長城

f:id:kenT_KL:20210616204434j:plain

北京市内から一番アクセスしやすくかつ一番メジャー、観光客が多く訪れる長城。それゆえ時折入場制限なんかも行っている。現在はネットでの前売りチケット購入が必須となっているようなので注意が必要。

f:id:kenT_KL:20210616205046j:plain

入場口付近を境に北側(画像の奥側)を女坂、南側(手前側)を男坂と呼んでおり、男坂の方が坂が急傾斜である。体力無いのに今回男坂をチョイス。

f:id:kenT_KL:20210616210617j:plain

 傾斜は30°くらいありそう。運動不足の俺にとってはガチな登山。壁に切り込みが入っているのは防衛用で、長城の内側となる反対側には無い。

f:id:kenT_KL:20210616212231j:plain

最初の方は坂道が続くが、山に差し掛かるとかなり急な階段が待ち受けておりJJIとBBAがふらふらになりながら登っている。この時点で帰りたい欲が湧いてきた。

f:id:kenT_KL:20210616213655j:plain

f:id:kenT_KL:20210616213712j:plain

そもそもどこまで歩けるものなのかも分からず、キリがないんで途中の敵台をゴールとすることに。穴はこっから銃を撃つため?だとしたら形状が異なるのは何故だろう。

f:id:kenT_KL:20210616220831j:plain

 城を降りてバスで市内に戻る。所要時間は1時間で行きよりも全然楽。

王府井

f:id:kenT_KL:20210617211814j:plain

徳勝門でバスを降り、2号線→1号線と地鉄を乗り継いで北京の銀座、王府井へ。

f:id:kenT_KL:20210617213549j:plain

f:id:kenT_KL:20210617213637j:plain

延々と続く商業施設に中国の内需のデカさを思い知らされる。旧正月からそんなに経っていないこともあり飾りつけが華やかだった。旅行中デパートとかよく行くけど特に何か買うわけでもない。あくまで現地人の生活調査。

f:id:kenT_KL:20210617214406j:plain

吉野家も視察した。こっちは温野菜推しの健康志向。

f:id:kenT_KL:20210617214819j:plain

 王府井にはデパートのみならず小吃街もあり、羊肉串や包子などの食べ歩きが出来る。こんな単価が低そうな店でも現金で支払っている人はほぼおらず皆QR決済を使用していたのが印象的。

天安門

f:id:kenT_KL:20210617222406j:plain

夜のライトアップされた天安門を見に行く。この先手荷物検査と身分証チェックがあり、北京の最重要地区なだけあって警備が厳重。

f:id:kenT_KL:20210617222834j:plain

 ハゲを見下ろす狛犬

f:id:kenT_KL:20210618214251j:plain

ハゲの肖像画の前の衛兵が若干西武の源田に似てたんで一枚。

f:id:kenT_KL:20210618215712j:plain

遠くに見えるのは全人代でおなじみの人民大会堂。内部見学ツアーがあると聞いたことがあり、機会があれば参加してみたい。

f:id:kenT_KL:20210618215940j:plain

人民大会堂の逆サイドは中国国家博物館。アカ色が強い特設展を絶賛開催中だった。

f:id:kenT_KL:20210618220231j:plain

f:id:kenT_KL:20210618220314j:plain

散策後は前門近くで本場のジャージャー麵を食すが、麺が給食のソフト麺に似てて個人的にイマイチだった。一日がかりで北京の一般的な観光を終わらせ、翌日は鉄分多めの日となる予定。

列車で万里の長城(八達嶺)へ向かう【2019北京②】

北京市内から万里の長城(八達嶺)に公共交通機関行く場合、徳勝門のバスターミナルからバスで行く方法、そして黄土店駅から列車で行くパターンの2通りあるが、列車は本数が少なく乗り換えもめんどくさいのであまりお勧めしない。ただ敢えて今回鉄道で行ってみた。当時1日10本程と少ない運転本数なので列車で行きたい物好きは予め時刻を調べることを推奨。

f:id:kenT_KL:20210615222608j:plain

宿泊した前門のゲストハウス。こう見るとお洒落だが4人ドミトリーの部屋が小便臭く最悪だった。

f:id:kenT_KL:20210615222515j:plain

f:id:kenT_KL:20210615223241j:plain

前門の周りはこんな感じで昔ながらの風景が広がっている。発展著しい北京だがこの辺りは半分観光地っぽくなっているのでまだこの風景は保たれると予想。

f:id:kenT_KL:20210615223653j:plain

まず地鉄13号線で霍営駅へ。そこから黄土店駅へ徒歩連絡となる。

f:id:kenT_KL:20210615223923j:plain

一応駅周辺に案内看板があるので迷うことはないだろう。ちなみに白タクの運ちゃんが待ち構えており長城へいく客をあの手この手でタクシーに誘導しようとしてくるので注意。

f:id:kenT_KL:20210615224142j:plain

左手のプレハブみたいなのが駅舎。S2線では一卡通も使用可能なので切符を買う手間を省ける。記憶がおぼろげだが中国国鉄が運営する路線なので駅入場時にパスポートの提示を求められる可能性がある。

f:id:kenT_KL:20210615224528j:plain

駅舎内は人民で溢れかえっている地獄のような光景。中国は基本列車別改札なので待合室で待機。改札が始まると民族大移動状態になるので備えよう。

f:id:kenT_KL:20210615224946j:plain

座席バトルに出遅れても一番後ろなら空席がある可能性があるのであきらめないこと。写真は硬座(2等車)だが、S2線に限って言うと軟座(1等車)も同じ料金で利用できるので空いていればそっちのほうが快適。

f:id:kenT_KL:20210615231443j:plain

空気が汚いんじゃなくて窓にフィルムが貼ってあるだけ。既存の中国国鉄の線路を使用する形で運航しており途中国鉄の一部の駅を通過する。

f:id:kenT_KL:20210615233230j:plain

黄土店駅を出るとしばらく地鉄と並走する。

f:id:kenT_KL:20210615233354j:plain

途中車窓からも長城の姿を確認できる。

f:id:kenT_KL:20210615231556j:plain

青龍橋駅では客扱いはしないもののスイッチバックを行う。なぜスイッチバックという言葉に鉄な人々は過剰反応をしてしまうのか。

f:id:kenT_KL:20210615232032j:plain

f:id:kenT_KL:20210615232122j:plain

f:id:kenT_KL:20210615232549j:plain

f:id:kenT_KL:20210615232414j:plain

食堂車(ビュッフェ)も連結している。乗車の際には気づかなかったので供食しているのかは不明。

f:id:kenT_KL:20210615232836j:plain

長城まで駅から1km程離れている。普段であれば観光客が列を成して歩いているのでそれについていけば大丈夫。

f:id:kenT_KL:20210615233551j:plain

歩いて15分ほどで入場口。途中食堂なんかもあるのでそこで食事可能。

PK853 NRT→PEK Y 【2019北京①】

コロナ前から空気輸送

しばらくマレーシア国内は旅行できなそうなので、ちょっと前の旅行記について執筆します。

f:id:kenT_KL:20210614213303j:plain

成田に就航しているエアラインの中で、B級度では1位2位を争うレベルのパキスタン航空への搭乗記。成田発月、金の週2便運航で、月曜の便は北京・イスラマバード経由ラホール、金曜の便は北京経由カラチ行きとなる変則運用。現代では珍しい2都市経由のフライトであり、遅延も多いらしいが幸運なことに今回の旅では往復定時運航だった。成田北京間の利用も可で、運航日に運賃検索すると大抵最安値で出てくる航空会社。

f:id:kenT_KL:20210614214433j:plain

f:id:kenT_KL:20210614214749j:plain

2タミIカウンターでチェックイン。様子としては明らかに日本人乗客の比率が低く、安ツアー客っぽい中国人が少し。あとは大量の荷物を持ったわずかのパキスタン人で全体の乗客数は少ないとみられる。このカウンターだけ周りと空気が異なる。

f:id:kenT_KL:20210614214838j:plain

出発14:35→14:20への15分早める時刻変更。この変更に何の意味があるというのだ。

f:id:kenT_KL:20210614214955j:plain

当然本館など使うはずもなく、サテライトの一番端まで歩かされる。途中コロナを乗り切ることが出来なかったノックスクートのB772が見えた。

f:id:kenT_KL:20210614215608j:plain

ひたすら歩いて98番ゲートより搭乗。本当に端っこなので時間に余裕を持って行動しよう。客がいないんで最初からファイナルコール。

f:id:kenT_KL:20210614215719j:plain

搭乗機はレトロカラーのB772(AP-BMG)。サテライトは構造上写真を撮りにくい。

f:id:kenT_KL:20210614220158j:plain

お出迎えのCAも不在。居なくても困りはしないがあまりない経験である。

f:id:kenT_KL:20210614220746j:plain

f:id:kenT_KL:20210614220359j:plain

CAに挨拶をすると何処でもよいから早く座れと指示が。この日は2割ほどの搭乗率で、採算は取れていないと思われる。国営だからなせる業。

f:id:kenT_KL:20210614220835j:plain

懐かしい極小パーソナルモニタ。B747など装備していない機体が多かった昔はこんなのでもあるだけありがたかった。(但し今回は電源すら点かなかった) またテーブル背面にベトナム語表記があるように、ベトナム航空からの中古機であることが分かる。

 

他の人の情報だと離陸前にお祈りタイムがあるそうで期待したが、今回は省略されていた。残念。

f:id:kenT_KL:20210614221340j:plain

機内食は北京で成田往復分を積み込む。場合によってはパキスタン風ミールが提供されるらしいが今回は選択肢が無く中華。鶏肉のピリ辛炒め。日本人にはなかなかハードな辛さだった。翌日のア〇ルが心配だ。

f:id:kenT_KL:20210614221704j:plain

途中適当に席を移動したりとにかく自由。パキスタン航空はマイナーな分ガラガラな確率が高く、北京までの3時間余りエコノミーフルフラットで過ごせるので快適。

f:id:kenT_KL:20210614222041j:plain

真下に所々見える赤色照明が中国上空を飛んでいることを実感させてくれる。

f:id:kenT_KL:20210614222006j:plain

f:id:kenT_KL:20210614222158j:plain

定刻で北京到着。元々少ない乗客のほとんどがここで降りる。降機の際ビジネスクラスキャビンの横を通ったところ、日本人の家族1組のみ座っていた。パキスタンに家族旅行はマニアックすぎるので駐在員と思われるが、家族帯同でパキスタン駐在もチャレンジングすぎる。

f:id:kenT_KL:20210614222524j:plain

f:id:kenT_KL:20210614222600j:plain

北京はボロイ第二ターミナルを使用。車寄せでとりあえず一服。空港で両替をしたところ手数料として50元取られたので、観光客の方はATMでキャッシングをしよう。

f:id:kenT_KL:20210614222656j:plain

f:id:kenT_KL:20210614222716j:plain

その後空港で交通ICカード一卡通)を購入し、地鉄を乗り継いで宿のある前門へ。中国の地下鉄は近年になって開通した路線が多いが、2号線といった北京の古い路線は70年代に開通しており味がある。

f:id:kenT_KL:20210614223027j:plain