KL発飛日記

マレーシアに赴任してた(現在は日本在住)の旅行好きによるB級旅行記・ホテル宿泊記・フライトルポなど

氷見をぶらぶら

前の記事からの続き。今回は氷見で一泊して魚を喰らうというのが目的。

金沢にも寄って兼六園なんかも一応見てきたけど、残念ながら感性が乏しいんで記憶に残らなかった。代わりに北鉄に乗車。こちらは井の頭線のお古。

新型(日比谷線のお古)が北鉄金沢で留置されていた。試運転かな?

氷見線

↓金沢からIRいしかわ・あいの風富山鉄道で高岡へ。元々越境需要が高い区間なんで金沢から高岡・富山は乗り換えいらず。ただ初乗り運賃2回取られるのはちょっとウザいな。

高岡からは氷見線に乗り換え。最近になって急激に数を減らしているキハ40系列に久々の乗車したが、ローカル線の旅はやっぱりこれじゃないと。何故かポリスマンも2名乗車していた。

途中オタには有名な某車両リサイクル会社の脇を走るのだが、そこから引退した都バスの車両が見えた。ノンステップバスのデザインってどれも同じに見えて古い車体なのか新しいのかよく分からん。

沿線最大の見どころ、雨晴海岸ではギリ立山を遠くに見ることが出来た。ただやっぱりポスターのような快晴の中、富山湾越しに見る立山は最高なんだろなー

終点氷見では折り返しの列車には観光客が大勢乗り込んでいてその辺のローカル線とは違う活気を感じた。LRT化とかBRT転換の検討がされているみたいだが果たして...個人的にはべるもんたのような観光列車が走る今のほうが良いが

 

藤子不二雄A先生ギャラリー

氷見はA先生の出身地という事でギャラリーがあって、さすがに内部の写真は載せないが小規模ながらなかなか面白い展示だった。あと著作のマンガ読み放題スペースがあって時間を潰せる。。ちなみにドラえもんのF先生は隣の高岡出身。

 

↓商店街ではいたるところにこんなオブジェがあった。

残念ながら商店街はお手本のようなシャッター街でやばかった。みんな買い物は高岡らへんまでいくのかな?田舎のリアル。

 

ビジホ(信貴館)

部屋はほんとショボいんだけどここの売りは食事

↓久々に日本の美味いものを満喫できた。

↓大浴場は無いんで漁港の近くにある温泉施設まで歩いていく。露天風呂から立山を見ることが出来る良いロケーションだった。

 

富山で回転寿司

↓翌日はまた列車で富山へ。2回目の訪問だが新幹線が出来たことにより駅周辺が激変してた。前はプレハブ駅舎だったのにー

 

駅前の回転とやま鮨で一杯やる。超有名店だけあって入店まで20分ほど待ったんだが、地元民はどこで寿司食うのか気になる。穴場的なところがあるのかな。

あとは市内線に乗ってレトロな佇まいの南富山へ。併設する基地には元東急8590の中間車がポツンと置かれていたが、そもそも地鉄では2両編成での運行なので部品取り用か何か?

ちょっと早いが暇なので金沢経由でコマQへ向かう。ステータス目指さなきゃTOYからNHなのになー

2022/02 JL183 HND->KMQ class J

2022年はJGCを狙ってみる

 

マレーシアから帰国して今度は色々日本国内を回ってみたいという気持ちが芽生え、また週末旅行が中心なため飛行機移動の頻度も多くなるであろうことから今年はJGC取得を考えてみた。つまりJGC豚と呼ばれる立場になるということ。ただやっぱ一度取得して年会費払っとけば半永久的に資格が維持できるって日本在住の特権だよね。外資にも永年上級会員資格があるとこもあるが取得のハードルが高すぎる。

 

出来れば○○タッチみたいな無駄移動は避けたいのであくまで旅行として飛ぶことが多くなるかな。なので単価幾らみたいな話はしない。ずっと単価がどうのこうのみたいな話をしている奴がSNS上にウヨウヨいるが貧乏臭いんでずっとLCCでも乗ってればよいのに。

京急に乗ってHNDへ。飛行機に乗るために必要な手続きがほぼすべて無人化されておりまず驚いた。浦島状態ってやつ。クレカだけで飛行機に乗れるというのは繁忙期においては非常にありがたい。

朝一のコマQ行きはバスでした。東京空港交通ランプバスは昔から幅広のゲテモノ車両が投入されているんで好きだった。少し丸くなったが今も変態車両は健在。

最早新型とも呼べない現行J椅子。前後間隔も国内線では十分なくらいあって快適でしたよ。

最後にやかましい糞爺がバルクに着席。これがあの有名なJGC豚って奴なのかは不明。

Cランから離陸し中央線のちょっと北側から松本を目指すルートだった。

松本を過ぎて真下に広がる立山連峰(で合ってるかな?)はなかなかの絶景なり。

スカイタイムもなかなか美味い。デヴなんでJAL乗ると大体これかコーラ飲んでる。

山脈を超えると遠くに富山の街が見えてくる。セフレで有名な南砺を過ぎるとすぐ金沢。結構飛行機から街が近くに見えるんだね、

開通間際の新幹線延伸区間の高架を超えたらもう着陸。例のバルク糞爺がタキシー中に急に立ち上がったりするなど北陸の洗礼を受ける。

行灯式の案内が残ってるなどなかなかくたびれているコマQ。

時間もあるんでバスではなく路線バス鉄道乗継ルートで金沢まで向かう。新幹線開通が近いので工事が盛んな様子。新幹線できたらこの辺の在来線もIRに移管だよね?運賃上がっちゃう。

短時間フライトながら見ごたえのある景色でした。

2021/12 MH1281 KUA->KUL Y

2泊3日のスケジュールで訪れた雨季のクアンタン。案の定雨がやまないのでビーチもご覧のあり様。

折角海沿いの合宿所みたいな宿を取ったのに!千葉の白子あたりにあるテニサーご用達みたいなボロ宿だった。

海で泳げもしないのでモールでスパイダーマンを見たり、、、これは当時日本では未公開だった。上映中に全員で拍手をしたりマレーシアの観劇スタイルに最初ド肝を抜かれたがこっちのほうが楽しくて好き。

あと有名なバクテー屋にいったりした。天皇肉骨茶というなかなか畏れ多い店名。日本で「天皇ラーメン」なんて店を出したら炎上どころか悟空の襲撃に合うだろう。

この降り続いた雨のせいでクアンタンとKLを結ぶ高速道路で土砂崩れが起きて通行止めになったらしい。並行する一般道が無いのでバスは運休か超迂回しているような状況で、今回飛行機で来たのは不幸中の幸いってやつだった。

grabの登録台数が元々少ない土地で大雨が降るとなかなか車が捕まらないと予想し早めに足を探したところ直ぐにヒット。だいぶ余裕をもって空港に着いちゃった。

出発2時間前くらいのチェックインカウンターだが既に列になっている。調べたところ本日は満席らしい。

1950発のこの便が本日最終便だが、KLからKUAの最終便は遅く2230着となっている。そのまま夜間停泊が行われているようで翌日のKUA始発便は6時半発とめちゃ早い。

ラウンジは当然無く、暇を潰せるものと言えばこのマッサージチェア売店くらいかな。せめて食堂は開けておいて欲しかった。

外にはこの空港の正式名称をマレー語表記したもの(Lapangan Terbang Sultan Ahmad Shah)の頭文字モニュメントがあるが長いし読めないしセンス無い。このデカ文字モニュメントは日本でも増えているがいつか漫湖にも設置してほしい。

若干汚い機材に搭乗。ドアが閉まるとこのまま自力でUターンして滑走路へ向かうのでトーイングカーがいらないのだ。

ド満フライトでベルト消灯時間も20分間ほどしかないがその間にナッツとジュースをボンボン放り投げていく。日本も短距離線なら紙パックぶん投げるくらいのサービスで良くね?

KLに到着。隣はマリンド改めバティックエア、乗ったことないが一応FSCらしい。

当時ボリ電は減便ダイヤで1時間に一本というカスみたいな頻度での運行だったが、既に国内線中心に需要が回復してきている情勢で終電はカオス。流石にヤバいと思ったのかその後急速に増便してた。

2021/12 MH1218 KUL->KUA Y

12月のマレー半島東海岸は雨季であり観光で行くような場面でもない中、海が見たくなったので週末プチ旅行。ちなみにKLとクアンタンは高速バスでも約3時間ほどとめちゃめちゃ近く飛行機の優位性というのはほぼ無い場所。しかもKL市内からKLIAまでも遠いので今回飛行機を選択したことを後悔したが、この選択が後々自分を助けてくれることになった。

MH国内線エコノミーカウンターは客数に比べ2つしか開けていないので大混雑。当時ワクチン接種回数の確認をやっていたのでチェックインを機械化出来なかったのだ。

朝食はYa Kunでカヤトースト。マレーシアにおいてもここKLIAと、あとランカウイ空港で見かけたかどうかというレベルで店が無い。カヤトーストってその辺の喫茶であればだいたい取り扱ってるからな。

日本でも新宿や日比谷に出店しているんでこの前訪問してきた。

いつもの737で流石に飽きが来る。

ただ予想通り737でもガラガラでなかなか心配になるレベルのクアンタン線。この当時3便/日あったが、そもそもこの近さなら普通自家用車かバスで行くだろう。

フライトマップにある通りマレー半島を横切るだけだが一応時刻表上所要時間は50分ある。他の国内線フライトと同じようにナッツとリンゴジュースの配給もあった。

PBBは無く平屋のターミナルまで歩く方式のクアンタン空港。流石雨季という事でずっと雨が降り続いているよう。

ホント殺風景というかショボいターミナル。日本の地方空港は離島のとこ以外は大体どこでもお土産屋や食堂が最低1軒はありすごいなと思う。

バス含め空港アクセスは整備されていないのでタクシーかgrabを呼ぶことになる。ってかこっちのタクシーはウザいのでgrabが呼べないときの最後の手段。クアンタンの中心にあるEast Coast Mallに行きチーズタッカルビ的なものを食ったが美味しかった。その後は路線バスで海の方へ。