KL発飛日記

マレーシア・クアラルンプール駐在中の旅行好きによるB級旅行記・ホテル宿泊記・フライトルポなど

クアラルンプールの北朝鮮レストラン跡地の今

マレーシアと北朝鮮 

2021年3月 マレーシアと北朝鮮の国交が断絶されたというニュースが流れ、「そもそもマレーシアと北朝鮮との間に国交があったんだ」と驚いた人は多いのでは?(私もその1人)

 

ja.wikipedia.org

Wikipediaによると、

2009年にマレーシアは、査証なしで北朝鮮に訪問できる最初の国となり、2016年に国際連合安全保障理事会決議第2270号(北朝鮮制裁決議)を受けてシンガポール北朝鮮人に対するビザ免除措置を取り消したのちは、北朝鮮にとっての唯一のビザ免除制度のある国となった。

とあり、近年までビザなし渡航ができるなどかなり関係が深かったようだ。

 

関係の悪化

そんな両国にとって転機が訪れたのは2017年2月。KLIA2で金正男VXガスにより暗殺された事件を受け、関係は急速に冷え込んでいく。マレーシアは平壌の大使館を引き払い、事実上の断交状態。北朝鮮の在マレーシア大使館は引き続き残ったが、今回マレーシア政府がマネーロンダリング疑いの北朝鮮人をアメリカに引き渡したとして、北朝鮮が外交断絶を表明した。

北朝鮮に打撃 マレーシア断交(Japan In-depth) - Yahoo!ニュース

 

(マレーシアからすると、国際社会から孤立している国と関係を続けるメリットは無いっしょ...ノーダメだね)

 

マレーシアの北朝鮮レストラン

旅好きには有名かもしれないが、ベトナムカンボジアなど北朝鮮と国交がある一部の国には北朝鮮国営レストランが存在した。(現在は社会情勢の悪化で多くが閉鎖されている) ググると「北レス」と呼ばれ愛好家が結構存在するらしい。マレーシアにもつい最近まで「高麗館」という北レスが存在しており、しかもブキビンタンの外れと割と良い立地にあった。前述の「金正男暗殺事件」では工作の舞台となり、日本のマスコミも大勢押しかけていたのは記憶に新しい。

 

現役時代の姿は知らないが、気になっていた存在なので散歩がてら跡地を見に行ってきたよー

 

f:id:kenT_KL:20210412215249j:plain

マレーシア随一の高級ショッピングモール、パビリオン前(Jl. Bukit Bintang)からFahrenheit88の脇を抜け、Jl.Imbi方面へ。

 

f:id:kenT_KL:20210412215332j:plain

 

Jl. Imbiを渡り、Exchange106を中心とした大規模再開発地区の入り口を左折。急に下町感が出てくる。

 

f:id:kenT_KL:20210412215433j:plain

2つ目の角を右折すると、右手に ちょっと大きな家みたいなのが見えてくる。それが跡地。パビリオン前から徒歩5分少々だが、夜の一人歩きは避けたい陰鬱な雰囲気が漂っている。

 

f:id:kenT_KL:20210412215943j:plain

For Rentとある通り、絶賛テナント募集中のようだ。ある意味事故物件なのだが果たして借り手はつくのか。現役時代は左手の小屋みたいなやつに監視役がいたとのこと。

f:id:kenT_KL:20210412220306j:plain

f:id:kenT_KL:20210412221415j:plain


工作の舞台ということで、隠し部屋とかないかなと余計な妄想をしてしまう。怪しい設備などは外観からはわからなかった。

googleで世界中の北レスを調べていく中で感じた共通点として、現地の物価からすると高く、味は普通、店員は基本塩対応(たまに神対応)の3点がある。不気味さもあって普通の人は近寄らないだろうが、ぜひどこかの国で北レスを訪問してみたい。

f:id:kenT_KL:20210412221113j:plain

再開発地区の横を通って帰った。北レス跡地も含め、Jl.Imbiの東側一帯は近い将来激変するだろう。近くに美味しい骨肉茶屋があるので、機会があったらレポする予定。